チラシ印刷サービスアタマ

マニュアル本を冊子に

No comments »

会社や部署では、独自のマニュアルが存在することがあります。

これが通年変わらず社員の間で活用されているものなら、思い切って冊子として印刷してもらってはどうでしょう?

社員が入ってくるたびに作るというのでは、それにかかる時間ももったいないですし、数十部準備しておけば新入社員が入ってくるとそれをわたすことができます。

通年を通して変わらないものとしては、ビジネスマナーや言葉の使い方になるのではと思いますが、IT関連やパソコン操作などだと最新バージョンが出るたびに修正が出ます。

そのためせっかく冊子印刷したものも、いつかは使えなくなってしまいますので、日本語の正しい使い方や社内や社外、一般社会で通用するようなマナー本をこれまで社員育成に携わってきたもので冊子にすると良いのではと思います。

中年以降になると当たり前と思っていることでも、20代の社員だと別の言葉や動作が当たり前と思っている部分があるでしょう。

社風として残し、ここの社員はマナーが大変良いというふうに残し続けていれば、印刷物というより、この企業で学んだ社会的マナー辞典ということになるかと思います。会社の顔となる新しい社員に向け、日々デスクの中に入れておいてもらうのです。そうすればいざというときの対処も誰かが不在であっても、対応できるようになると思います。

冊子 印刷から始まる本もあっていい

No comments »

自費出版という言葉があります。

自分で費用を投じて本を出版することですが、電子漫画や小説も当たり前になっている今だからこそ、少しのお金をかけて冊子 印刷で本を出してもいいと思います。

出版元というのはありませんが、今は個人が持っている情報ですら売れる時代です。

誰もかけない情報って、誰が持っているか分かりません。

何かを得意とし、教わることもたくさんいるという方だと、写真を撮影しながら本を出してはどうですか?と言いたくなることもあります。

植物だと、育て方も知っていますし、現物がそこにあります。

分厚い植物辞典には載っていないものが豊富にあるとしたら、是非本を冊子 印刷でだしてみて欲しいと思いませんか?

沢山の人に知られるようになれば、最初は冊子 印刷からスタートしたものでも、出版社がついて立派な本が完成するかもしれません。

手で感じてきたこと、日々やってきたことなど、作用風景も加えれば、文章で書き表せないものまで表現できます。

自費出版するとどれくらいの金額がかかるか分かりませんが、小冊子だと欲しい方の分だけ作ればいいのですからそれほどかからないと思います。

第2版はある程度の希望者が集まれば作ればいいと思います。

はじめて冊子印刷を考えた時

No comments »

冊子印刷で胆になるのは中身の文章やイラストなど内容になります。

文章を書く上で大事なことは起承転結と言う言葉があるとおり、

その文章の構成も考える必要があります。

プロのライターにお願いするのであれば、

当然そういう部分は基本になるので問題ないでしょうが、

社内で内容だけでなく

文章まで作るとなった時には覚えておく必要があります。

起は最初の導入部でどんなことをこれから説明するのかといったことになります。

承は起の部分をうまく説明したり理解してもらうことを書きます。

転はここが山場となり、重要なことをここで書きます。

結は最後のオチになります。

ここで結果や最後の締めをするわけです。

この起承転結が出来ていないと読んでいて疲れてきたり、

読む気がうせたりするのです。

そして小冊子の場合は、

内容によってはこの結の部分のオチが上手く書かれることで

商品購入などのアクションを促す効果があったりするのです。

あなたにとって、何らかの利益がこういう方向性で、

こうやったら得られるというような内容にするわけです。

文章の構成について素人が考えて上手く書けるようになるには、

時間がかかります。

はじめて冊子印刷を考えた時は、

方向性だけを考えて文章などの構成はプロに任せた方が

費用対効果もあがるかもしれませんよ。

ネット情報の冊子印刷・注意点

No comments »

ネット情報を冊子として発刊するなら、注意点があります。

印刷物として発刊するのですが、ネット情報の難点を知っておくことが大切です。

ネット情報の難点というのは、「紹介したサイト自体がなくなる恐れ」があるのです。

無料ブログサービスを提供しているところだと、無料で使える代わり、いつサービスが停止されるか分かりません。無料で使っているのでいつ消えても文句は言えません。

また、企業運営していないホームページも、個人がドメインやレンタルサーバー代金を払い続けないとそのサイトが存続し続けるというのはありません。アフィリエイトでもその商品を扱っている会社がASPを脱退した際にもそのページがなくなるのです。

つまり、ネットの情報の難点は、「リンク切れを起こす可能性が高い」ということです。

ネット起業家の中には、印刷物の中に紹介したいサイトのURLを貼ることがありますが、保存版として作ったとしても10年後には使いものにならない可能性があります。

ハウツーをまとめた小冊子印刷だと、基本となるものはしっかりと書き、操作云々に関しては新しい情報が出ることもあると告げておくようにしたほうが良いと思います。検索方法を書いておけば使いやすいものとなるでしょう。

綴って欲しいなら

No comments »

保存版として綴って欲しい小冊子を印刷するなら、綴じ穴を付けてもらうと良いと思います。

行政がだしている後方視などが主にそのようなものになっており、ホッチキスや糸、あるいはのりで閉じられていないタイプになります。

この方法で発刊すると、常にほしい情報がすぐ見れるので便利です。紐さえあれば綴ってもらえますし、リングファイルや専用の綴じ具を使って保存してくれます。

待合室や応接室にそのような物が置かれていると、人待ちしている間に目を通せますので、利点は大きいと思います。可能であれば、しっかりとした紙質でカラー印刷のものが良いでしょう。

小冊子にするには、中は普通紙、拍子は色がついた厚手の用紙というのもありますが、こちらの場合ほとんどが報告形式の出版物や卒業式などの資料として配布されるタイプといえば分かりやすいでしょう。

初めての冊子印刷で、相手に何を望むかによって選ぶようにしますが、自己満足のものを作るとせっかく配布しても読まれない可能性があります。ずっと先も読めるものか、生活や仕事の中で活用してもらえる情報かによって決めることが大切です。この先も変わらない情報系であれば、しっかりとしたものを作ってくださいね。

業績を挙げたニュースレター

No comments »

何を提供するのかにもよりますが、手帳サイズの小冊子は人気のようです。

印刷にはお金をかけるはずですので、できるだけ長く手元に置いて欲しいという願いがあります。例えば、広告をちょこっと入れた情報系の中身であればいつでも活用できますし、その職種にあった内容であれば注文に結びつく場合もあります。内容が沿っていない場合、注文する人の数は減ると思いますので、その辺にも注意したほうが良さそうです。

なぜ手帳サイズが良いのかということですが、ベッドの中でも読める手軽なサイズということと、辞書と並べて保管しておくこともでき読みたい時にいつでも読めてしまいます。探さずに済むということになります。

ただ、ニュースレターの場合、大きな見開きのタイプが良く、テーブルに広げて隅から隅まで読めるようなA4判が適していると思います。写真も大きく掲載できるためイメージさせて訴えかける効果があるのです。

私が知っている建築会社のニュースレターは現場の人が働く様子がイキイキと映し出されています。月1回の発行をしているようですが、建築会社の印刷物としては回数的には多くなっています。

この会社の売上、どうなっていると思いますか?

印刷費をかけてニュースレターを発行したところ、沢山のアパート建築の依頼が舞い込んでいるのです。

発注に注意が必要

No comments »

インターネットなどから、スピード重視の印刷サービスを利用する場合、
印刷発注は全て機械的にコンピューターが受けますので、
発注内容自体が間違っていたのであれば
(できあがりが発注者の思いと違っていたとしても)
再度の印刷はしてくれません。

また、印刷会社によっては冊子印刷の入稿専用の
テンプレートを用意しているところもありますが、
これも、ワードやイラストレーターといったソフトで
処理する中で間違った順番にして入稿してしまうことも
ありますので十分に注意しましょう。

ネット印刷

No comments »

冊子印刷をする場合に重要なことはたくさんありますが、
ネット印刷、印刷通販といったスピード重視のサービスを使う場合、
入稿時のデータの順番や綴じる方向を間違えないことも重要です。

一般的な印刷会社であれば、乱丁を防ぐため、
綴じるときのイメージで最終校正を行ない、
製本にうつるということも珍しくありませんが、
ネット印刷サービスの場合、校正なども簡易的なものになってしまうため、
できあがってみたら右綴じにしたかったものが左綴じになっていたり、
裏表紙と表紙が逆さまに製本されていたということもあり得ます。

電話帳

No comments »

電話帳などは、非常に薄い紙を用いていますが、
本来の目的(商品の紹介や発注書の提供、電話番号リストの提供など)は
果たしています。

もし、冊子印刷をこれからやろうという人で、
会社案内のパンフレットなどのように、
比較的しっかりした紙を用いたものをイメージしているのであれば、
一度、電話帳などのような薄い紙を用いた印刷物を
想像してみるのも悪くないと思います。

とにかく費用面で、一枚もののパンフレットなどとは
大きくコストが変わってきますので、
単なる見栄や固定観念で冊子印刷を、と希望しているのであれば、
それがリーフレットだった場合を考えてみるのもコスト削減につながります。

紙の種類

No comments »

冊子印刷では、大量の紙を使用するため、
紙の種類を変更するだけで、
大きくコストカットすることができることもあります。

特に冊子印刷ということで張り切って
厚い紙を使ってしまいがちなものですから、
ここで思い切って薄い紙を使った冊子印刷の見積もりを
取ってみるのもよいでしょう。

カタログ通販で利用されるカタログなども、
冊子印刷の代表的なものです。

電話帳なども冊子印刷ですよね。